経営理念

創意・誠実・努力 創意・誠実・努力

日東製網は、社会に役立つ製品を開発していく事こそ、メーカーの社会的使命であるとの強い信念を持ち、安易に模倣をする事を最も恥ずべき事と考えて、1910年創立以来、一貫して研究開発に多大な努力をはらってまいりました。
こうした環境下で、1925年に開発され世界16ヵ国57の特許を与えられた「無結節網」は、高品質・高強力の「網」の代名詞となり、それまでの常識に革命的変化をもたらす製品として高い評価を受けました。

その後、合成繊維の普及と共に「無結節網」の優秀性は国内外で広く認められるところとなり、漁業用はもとよりスポーツ用、産業資材、また農業用にと用いられています。
当社は無結節網のトップメーカーとして満足することなく、研究開発を通じ、多方面にわたり社会に大きく貢献しています。